リモート秘書・アシスタント(バーチャルアシスタント)サービス

1. バーチャルアシスタントとは?
一般的な短期職務はバーチャルアシスタント(Virtual Assistant)です。この用語は一定職務を実施するために固定費用で人を雇用します。その職務は領収書返却、会計処理、書類保存等メール経由での取引等の職務を任意で選択されます。バーチャルアシスタント雇用は事務所でのアシスタント雇用と比べると同様ですが、違い点はバーチャルアシスタントに対して事務所で作業を調整し、社会保険、医療保険及び他の福祉制度等企業での労働者使用政策に関する義務を実施することが不要です。
あなたの職務はできるだけ簡単な手続き及び方法で効果的に処理されます。
リモート秘書・アシスタント(バーチャルアシスタント)サービス

2. バーチャルアシスタントサービスはどの対象に向けるか?

  • 小・大企業
  • チャリティー
  • 個人
  • クラブ
  • 営業者
  • 総務・秘書に関するサポートの必要な人

3. バーチャルアシスタントサービスは何の職務を含めますか?

  • データ入力:文字と数字のデータをコンピューターに入力する。
  • データベース管理:顧客情報を更新し、既存または新規顧客情報を検索する。
  • 計算表開発:計算表、報告書、図面を作成し維持する。
  • 電子メール管理:電子メールを返却し、電子メールを分類し、優先度を付ける。
  • 手紙送付作業:電子メール送付及び郵便局経由での手紙送付を行う。
  • 出張調整:飛行機切符、ホテル、タクシー等予約する。
  • 日程管理:会議計画を立て、レストランを予約する。
  • 文書書類:手紙、文書等を処理する。
  • 情報調査:顧客及び相手の情報を調査する。
  • 訂正:書類を全て訂正する。
  • 顧客ネットワーク拡張のため顧客への通電:潜在のある顧客へ電話をかけ、競争相手の情報を調査する。
  • 手続き、書類等を実施する。
  • その他。


リモート秘書・アシスタント(バーチャルアシスタント)サービス

4. メリット: バーチャルアシスタントサービスのメリットは以下です。

  • 書類、手続き等に関する作業を解除し、営業及び専門職務に中心できること
  • 電子メール返事から重要な記念日リマインドまで細かいなことも整理し、めんどくさいな課題を避けること
  • 具体職務のみに対してバーチャルアシスタントサービスを使用した後に、他の財政確約を避けるので効果な財政対策である。

Save